猫に対する保険商品の審査の基準

重たい病気を患っていると加入は困難

多くの猫の飼い主の方々は、保険加入を検討しています。確かに加入しておけば、保険金はおります。医療費の負担額が気になっている時には、加入が検討される事も少なくありません。ただ、どの猫でも加入できる訳ではありません。まずは指定の審査を受ける必要があります。審査で問題なければ加入できますが、何か問題点が見つかった時などは、加入するのは難しいケースもあります。例えば、腎不全や白内障などの症状を患っているペットの場合は、加入できないケースも多いです。確実に病気になっているペットの場合、保険会社としては赤字になってしまいますし、加入がお断りになるケースも多々あります。人間で言う成人病などの重たい病気を患っているペットですと、基本的には加入は難しくなる傾向があります。

先天的な料金があると加入は難しい

ところで病気と言っても、大きく分ければ2種類あります。ペットによっては、生まれつき何かの病気を患っている事もありますが、それでは加入が難しくなるケースも多いです。いわゆる先天的な病気です。インフルエンザなどは、先天的ではありません。病原菌によって感染する訳ですし、後天的な病気に該当します。それに対して「生まれつき」の腫瘍などは、先天的な病に該当する訳です。その生まれつきの病気を患っているペットも、加入がお断りになってしまう傾向があります。赤字が懸念されるからです。つまりペットが加入できるか否かは、「病気を患っているかどうか」に左右される訳です。病気の有無は、審査基準の1つである事は間違いありません。ただ、それも会社に左右されます。各社はそれぞれ基準も異なりますし、比較してみる価値はあります。

病気に関する基準は会社によって異なる

そもそも猫の病気に関する考え方は、会社によって異なります。会社によっては、猫に関する病気をかなり厳しく確認していて、なかなか加入できないケースもあります。その逆に、比較的柔軟に対応してくれる会社もあります。多少は病気のリスクが高くても、加入率が比較的高い会社も中にはあります。基準は、会社によって異なる訳です。その基準は、各社の公式サイトなどで明示されている事も多いです。公式サイトで商品の詳細を確認してみると、大まかな基準が見えてくる事もよくあります。ただ1社1社の公式サイトを見ていくのも、少々時間がかかってしまいます。ですから人によっては、各社を審査の基準を確認する為に、一括サービスを活用している事もあります。一括サービスは、一気に複数の会社に見積もりを依頼できますし、とても便利だからです。