猫がペット保険に加入できる条件を確認しよう

加入できる年齢を確認してみよう

猫はペットの中でも特に人気がありますが、人間と同じように時には病気や怪我で治療が必要になることもあります。そんな場合は動物病院で治療を受けることになりますが人間の医療費とは違い、基本的にすべて自費で支払うことになります。軽度であれば、支払い額も低く済むこともありますが、手術や入院が必要になると何十万円という請求がくる場合もあります。それゆえの医療費のことで悩む飼い主さんは多いのではないでしょうか。ペット保険に加入しておくと、もしもの際は医療費の負担が大きく抑えられます。とはいえ、どの猫でも加入できるというわけではなく条件に当てはまっていない場合は加入ができないこともあります。加入の際は、ペットの年齢制限もチェックしてみましょう。会社ごとに加入できる年齢には違いがありますので、複数社から比較してみましょう。加入できる場合でも一定の年齢になると健康診断が必要になることもあります。

健康状態に問題があると加入できない可能性も

ペットの場合も、加入できる条件としては健康状態に問題ないことがあげられます。人間の場合は、加入の際に健康状態を告知することになりますが、猫の場合もやはり健康状態を確認されることが多くなっています。持病がある場合は加入できない場合もありますので、ペットの現在の健康状態をもう一度確認してみましょう。病気があっても加入できる場合もありますが、腎不全や糖尿病やガンなどの場合、加入はかなり難しいといえます。そして、特定の疾患については保険の支払いが行われない場合もありますので、どのような場合が対象となるのか、ならないのかもよく確かめておきたいところです。過去に病気で治療を受けた場合でも、現在は特に健康状態には問題がないという場合もあります。申し込みの際は、過去にかかった病気の告知対象期間はいつからなのかも調べておきましょう。

ワクチン接種の有無が確認される場合も

猫がペット保険に加入する条件としては、会社によってはワクチンの接種が行われているということもあげられます。ワクチンの証明書は特に提出が必要なく加入できる場合もありますが、場合によってはコピーが必要となることもありますので用意しておくことがおすすめです。そして、ワクチンの接種で予防できる病気については保険料の支払いが行われないということも理解しておきましょう。問題なく加入するためには、やはり健康状態が良いということがあげられます。動物の場合は7歳ではすでにシニアと呼ばれる年齢に入りますので、将来に備えるためにも健康で若いうちに加入することがおすすめです。